消化器科、胃腸科、内科の診療。近鉄奈良線「学園前」駅北口よりバスで10分。

消化器科、胃腸科、内科 辻口医院

0742-53-1851

奈良市西登美ヶ丘2-1-28

お知らせ

胃カメラ

胃カメラ検査とは・・・

電子スコープを用いて食道・胃・十二指腸を観察する検査です。
小さな病変が見つかる、直接組織診断ができる、 X線を浴びない、必要に応じてヘリコバクター・ ピロリ菌の診断も可能など胃透視(バリウム検査)に比べて優れています。テレビモニターを観ながら挿入しますので、喉頭・声帯・下咽頭などの食道入口部の観察も可能です。

また、胃透視で異常が見つかった場合、ヘリコバクター・ピロリの野除菌前に必ず胃カメラが必要になります。
症状のある胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎などの良性疾患の診断にはもちろんのこと無症状の早期がん発見にもつながります。一般に想像されているより簡単な検査です。

予約制の検査ですので、事前にお電話いただければ初診時に検査を受けていただくこともできます。原則は午前中の検査ですが、お仕事の都合などでどうしても午後からの検査を希望される場合は、朝食(ゼリー食などの軽食)後に昼食を抜いていただいて午後や夕方にも対応させていただくこともあります。
診療時間内に気軽にお問い合わせください。

早期がんの発見に期待できるNBI

検査の注意事項

検査のときには、胃の中に食べ物が残っていないことが必要ですので、食事制限をしていただきます。

  • ・前日の夕食はなるべく午後10:00までに済ませ、量は少しひかえめにしてください。
  • ・当日の朝食は食べないでください。少量の水なら飲んでいただいてもかまいません。(個別に指示致します。)色が付いた飲み物(お茶やジュース、牛乳などは避けてください。)
  •      
  • ・リラックスをして検査を受けていただくため、身体を締め付けない衣服で来院してください。
  • ・ご希望があれば、鎮静剤を用いることがあります。その場合、お帰りは自転車や車は危険ですので、来院の際は公共交通機関をご利用ください。

うまく胃カメラを受けるコツ

  • なるべく全身の力を抜いてください。
  • ゆっくりと鼻から息をし、一気に吐き出さないよう静かに呼吸をしてください。
  • 唾液は飲まないでください。(飲むとむせたり、吐き気が起こります)
    また、舌に力を入れず、動かさないようにするのも楽にうけるコツです。
  • ゲップはなるべく我慢してください。(ゲップをすると空気を入れなおさなければいけないので時間がかかってしまいます)
  • 看護師が優しく介助いたします。

検査の流れ

のどに麻酔をします。
水あめ状の薬を口に含んで、少しの間のどに溜めておいてください。
胃の動きを止める注射をする場合があります。最近は多くの場合、注射をせず「ミントの薬」を胃カメラを通して直接胃に撒布して検査をしています。
口の常に開いた状態をキープする「マウスピース」というものを軽く口にくわえていただきます。 ゆっくりカメラを挿入します。顔や口、肩の力を抜いて、力まずに舌を動かさないのも楽に受けるコツです。観察時間は5分ほどです。

※検査時間は15~30分程度です。
※のどの麻酔は1時間ほど続きますので、すぐに飲食はしないでください。

上部内視鏡検査(経口挿入)の受け方について

検査でわかる病気(異常な場合に疑われる病気)

食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、萎縮性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無)、各種ポリープ、食道、胃の静脈瘤、十二指腸潰瘍など

Copyright(c)2012 奈良市消化器科・内科の辻口医院. All Rights Reserved.