消化器科、胃腸科、内科の診療。近鉄奈良線「学園前」駅北口よりバスで10分。

消化器科、胃腸科、内科 辻口医院

0742-53-1851

奈良市西登美ヶ丘2-1-28

消化器科・胃腸科

胸焼け、ゲップ、むかつき、胃もたれ、胃痛、腹痛、便秘、下痢、排便時出血、血便、下血・・・など、消化器科・胃腸科を受診される方は、このように多彩な症状をお持ちです。このような症状は、日常少し体調が悪いなぁ・・・と思うときや、ちょっとした緊張・ストレスなどで起こることも多いため、放置されがちです。
消化器・胃腸の疾患の中には、放置しておくと命に関わるものもありますので、少し様子をみてもあまり症状がよくならないときは、早めに専門医の診察を受けるようにしてください。
当院は、消化器科専門の医院として、腹部の症状に対して適切な診断・治療を行
ってまいります。消化器症状は、消化器のみに原因がある場合と、他の疾患から
の影響で、消化器症状が出る場合があるため、消化器科専門とはいえ、身体を総
合的に診させていただく姿勢を常に心がけております。

内視鏡検査や腹部エコーなどは当院で検査を行います。当院で対応できない検査
の場合は、近くの適切な病院をご紹介いたします。なるべくご希望に沿う
よう配慮いたしますので、気がかりなことは、どうぞ遠慮なくお話しください。

※現在、大腸内視鏡検査はおこなっておりません。

  • 腹部エコー
  • 胃カメラ
  • その他の検査

早期がんの発見に期待できるNBI

当院では、高精度な検査を可能にする医療機器「狭帯域フィルター内視鏡(NBI)」を導入しております。これまで見つけにくかった早期がんを発見しやすくなりました。

オリンパスの狭帯域光観察(NBI)『光デジタルによる画像強調観察技術』

NBIとは

Narrow Band Imaging=狭帯域フィルター内視鏡は消化管内視鏡の分野で開発された新しい内視鏡技術です。

NBIと拡大内視鏡を組み合わせることで、見えにくい微細な血管などの病変を光の力でわかりやすく照らしだす画期的なシステムです。
通常光観察とがんの栄養補給路である粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などを、色調の違いとして強調表示し、より精度の高い診断に効果を発揮することができます。

#

光デジタルによる画像強調

白色光を粘膜表面に照らすことにより、自然な色をモニタ上に再現しますが、「光デジタルによる画像強調」を用いた観察では、光の波長を制御することで、粘膜表層の毛細血管や、わずかな粘膜の肥厚、深部血管などを強調して映し出します。このような特殊な光を用いた新しい内視鏡観察技術が、「光デジタルによる画像強調観察技術」と呼ばれています。
その他、正常組織と病変組織における自家蛍光の強さを色の違いで表示する蛍光観察や、粘膜の深いところにある血管や血流情報を強調表示する赤外光観察などがあります。
粘膜に含まれるコラーゲンなどは、青色光を照射すると緑色を発する特徴をもっており、自家蛍光と呼ばれています。

#

NBIでは、青色光と緑色光を利用して、粘膜表層部と深部の血管を鮮明に表示します。

食道の通常光観察画像とNBI画像

NBIでは、粘膜表層の毛細血管が強調されて表示されます。

  • #
  • #

高水準の洗浄機で洗浄・消毒・滅菌

内視鏡は、ガイドラインに則った内視鏡洗浄機を導入して、毎回洗浄、消毒を行い、あらゆる細菌、ウィルスを殺菌するよう万全を期しております。

#

Copyright(c)2012 奈良市消化器科・内科の辻口医院. All Rights Reserved.